ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2018 年 12 月 1 日)【昇級・昇段審査】

投稿日:

前回の審査から 29 日目。

今日は昇級・昇段審査の日。
計 5 名の方が受けられて、全員が無事合格しました。
おめでとうございます。

あんまり詳しく書くと身元がバレるので(笑)、審査の様子を見ていて感じたことを二つ三つメモ形式で。

相手との距離が大事。
やはり下級になればなるほど相手との距離が空いている。
初めのうちは型を覚えるだけで大変なので、仕方ないことなのだけど。
相手との距離が空くと技も効きにくいし、形も美しくない。
残心も崩れるし。
きっちり距離を詰めて、肩や腰が触れるくらいがベスト。

力を入れると動きが硬くなる。
滑らかさがなくなり、受けの人を導いているようには見えない。
動いてもらうのを待っているようになってしまう。
こうなるとやはり美しくない。
うまく導くにはどうしたらいいか。
伸筋を使って押し出す動きがおそらくポイント。
それから転換。
昇段審査を受けた方は、転換が素早く、そして的確。
しっかり身体を回転させることが重要になりそう。
今後も引き続き研究が必要な部分。

相手の動きを感じられているか。
ただ技の形を真似ているだけになっていないか。
相手の動きを無視して技の動きをしたところで、ものすごくチグハグした印象になる。
前段の「導く」にも通じるけれど、相手の動きと一体化しないと技とは言えない。

以下は先生方のお話。
プロセスを大事に。
継続は力なり。
道場に来たなら汗をかけ。







-稽古メモ
-, , ,


  1. […] なかったんですが、審査の様子を見ているだけでも非常に勉強になります。 まさに最高の見取り稽古! (そのとき気付いたことをメモ形式で書いたので、そちらもよろしければどうぞ) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 24 日)【諸手取りのいろいろ(前方投げなど)】

前回の審査から 27 日目。 諸手取りに限ったことではないが、「取られる」のではなく「取らせる」ことを意識。 技に移りやすいように取らせることが大事。 何もせずに取られると、手首を覆うように掴まれるこ …

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 28 日)【入り身投げ、腕(かいな)の返し】

前回の審査から 28 日目。 入り身投げの崩し方について。 こないだの稽古とは別の先生からまったく違う話を聞いた。 僕としては今日の話の方がしっくりくる。 必要以上に落とす必要はない。 しっかり崩して …

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 14 日)【転換(特に手の動き)】

前回の審査から 24 日目。 片手取りと諸手取りの転換について。 まずは片手取り。 相手の腕の力の向きに、自分の手や腕の向きを合わせる。 手を横に向けると力がぶつかってしまう。 握られているところは放 …

合気道稽古メモ(2018 年 12 月 5 日)【交差取り一教】

前回の審査から 30 日目。 交差取り一教の最初の崩し。 崩しすぎても相手の体重が自分の腕に乗ってしまって重くなるので、必要以上に引かない方がいい。 相手の腕が伸びてほんの少し前のめりになるくらい。 …

合気道 稽古メモ(2018年10月24日)

前回の審査から20日目。 下級者同士の稽古を見ていて思ったこと。 距離が空きすぎ。 相手との間合いが広すぎるせいで余計な力がかかっている。 それもあって技が硬い。 両手取りの四方投げや天地投げ裏をしよ …