ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 24 日)【諸手取りのいろいろ(前方投げなど)】

投稿日:

前回の審査から 27 日目。

諸手取りに限ったことではないが、「取られる」のではなく「取らせる」ことを意識。
技に移りやすいように取らせることが大事。

何もせずに取られると、手首を覆うように掴まれることが多い。
こうなると自分の手が自由に動かしづらくなるため。技も効きにくくなる。

なので、取られる瞬間にほんの少し相手の方に自分の手を押し込む。
そうすると手首より少し上を相手は掴むことになるので、自分の手を操作しやすい(技も掛かりやすい)。

自分に有利な位置を「取らせる」。
そのための工夫が必要。

前方投げ。
腕の力ではなく、身体の力を使って投げる。
逆半身の諸手取りから、足を組み替えて相半身になる。
後ろ足を前に出し、前足を後ろに引くと同時に身体も後ろ側へ重心を移す。

このとき掴まれている方の腕はピンと伸びている状態。
手拭いのように、曲がらず、弛まず、自分の肩から相手の肩まで張っている状態をキープ。
気を抜いて緩まないように。

相手の身体が前に崩れたら、手首を返して投げる体勢へ。
相手の顔を見ない。
投げる方向を見る。

自分も一緒に持っていかれないように。
相手の体勢が充分崩れていれば、軽く手首を返すだけで勝手に投げられてくれる。
最後まで引っ張る必要はない。







-稽古メモ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

合気道 稽古メモ(2018年10月17日)

前回の審査から18日目。 杖の持ち方。 最初は杖を立てた状態で左手で持つ。 手の高さは自然体。 直突きのときはそのまま下の方を右手の方に上げてきて、右手はなるべく杖の端を持つ。 まずは自然体の両手の位 …

合気道 稽古メモ(2018年10月20日)

前回の審査から19日目。 襟取り二教。 基本的には肩取りと同じように、取られた肩と反対の手で相手の手を二教の形で掴み、手首を返して押さえる。 手だけでは相手の手首が返らないときは、襟を取られた側の腕を …

合気道稽古メモ(2018年11月7日)【円転の理】

前回の審査から22日目。 円転の理。 肩取りや襟取りの形から正面打ちを受けて、入り身投げや四方投げに繋げていく。 肩や襟を取られた方の腕で正面打ちを受ける。 正面打ちの力を利用して受け流しながら転換の …

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 10 日)【正面打ちを掴んでからの入り身投げ(技名不明)】

前回の審査から 23 日目。 通常の正面打ち入り身投げではなく、正面打ちを一度受けて崩してからの入り身投げ。 右の相半身の場合。 右の正面打ちを右手で受けながら軽く引き、相手の体勢を崩したところで手首 …

合気道 稽古メモ(2018年10月10日)

前回の審査から17日目。 二教 自分の中心で相手を見据えるように 相手の中心(正中線)を手刀で切るように振り下ろしていく 体重をかけるのではなく、背筋を伸ばしたまま腕を伸ばしていく 手首を巻き込むよう …