ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 14 日)【転換(特に手の動き)】

投稿日:

前回の審査から 24 日目。

片手取りと諸手取りの転換について。

まずは片手取り。
相手の腕の力の向きに、自分の手や腕の向きを合わせる。
手を横に向けると力がぶつかってしまう。
握られているところは放っておく。

前足を相手の足のすぐ横に揃える。
身体の向きを変えて、手が自分の中心にくるように調整。
それから手のことは忘れて、後ろ足を一気に回して相手の横に並ぶ(転換)。

指に力を入れない。
ピアニストのように。
指を自由に動かせるくらいの力の入れ具合。
ただし気を出すことは忘れずに。

前屈みになったり、肩だけを落としたりしないように注意。
姿勢をしっかり保つ。

諸手取り。
片手取りに比べて押さえられる力が強いので、そのままでは回れない。
なのでまずは肘を落として相手の手を返す。
このとき上半身だけ落とすのではなく、膝をしっかり曲げて姿勢を保ったまま肘を落とすように。

その状態のまま転換。
相手の横に並んだら、剣を振り上げるように腕を一気に上げる。

力で上げようとしない。
手が自分の中心にあれば、力を入れなくても必ず上がる。

一連の動きの中でも、手は常に自分の身体の中心にあるように。







-稽古メモ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

合気道 稽古メモ(2018年10月17日)

前回の審査から18日目。 杖の持ち方。 最初は杖を立てた状態で左手で持つ。 手の高さは自然体。 直突きのときはそのまま下の方を右手の方に上げてきて、右手はなるべく杖の端を持つ。 まずは自然体の両手の位 …

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 28 日)【入り身投げ、腕(かいな)の返し】

前回の審査から 28 日目。 入り身投げの崩し方について。 こないだの稽古とは別の先生からまったく違う話を聞いた。 僕としては今日の話の方がしっくりくる。 必要以上に落とす必要はない。 しっかり崩して …

合気道 稽古メモ(2018年10月10日)

前回の審査から17日目。 二教 自分の中心で相手を見据えるように 相手の中心(正中線)を手刀で切るように振り下ろしていく 体重をかけるのではなく、背筋を伸ばしたまま腕を伸ばしていく 手首を巻き込むよう …

合気道稽古メモ(2018年11月2日)【突きの小手返し】

前回の審査から21日目。 突きの小手返し。 転換の要領で、相手の突きと同じ方の足を小さく前に出し、手で突きを制しながら身体を半回転させる。 いきなり掴もうとしない。 まずは制するだけ。 相手の肘あたり …

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 21 日)【入り身投げ、片手取り回転投げ】

前回の審査から 26 日目。 各種入り身投げ。 相手の後ろに完全に回り込む。 相手の首の真後ろ(頚椎あたり)ではなく、やや横側を包み込むように手の平で当てる。 持つとか掴むではなく、当たっているだけの …