ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2018年11月7日)【円転の理】

投稿日:

前回の審査から22日目。

円転の理。
肩取りや襟取りの形から正面打ちを受けて、入り身投げや四方投げに繋げていく。

肩や襟を取られた方の腕で正面打ちを受ける。
正面打ちの力を利用して受け流しながら転換の要領で回転。
このとき後ろに下がらないよう注意。

入り身投げの場合。
ある程度相手を崩したところで、今度は逆に手を上げながら逆方向に回転。
と同時に相手の背後に入る(入り身)。
あとは他の入り身投げと同様。

四方投げの場合。
受けたままの流れで、弧を描くように自分の腹の辺りまで導く。
手が自分の正面に来たとき、受けたのとは逆の手で相手の手を掴む。
そのまま踏み込んで相手の体勢を崩し、あとは通常の四方投げ。

他にも二教や三教に繋げる方法も指導していただいたが、いまいちしっくりこない。
研究が必要。

いずれの技も流れを止めずに、最初の正面打ちの力を最後まで繋げることを意識することが重要。







-稽古メモ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

合気道稽古メモ(2018 年 11 月 10 日)【正面打ちを掴んでからの入り身投げ(技名不明)】

前回の審査から 23 日目。 通常の正面打ち入り身投げではなく、正面打ちを一度受けて崩してからの入り身投げ。 右の相半身の場合。 右の正面打ちを右手で受けながら軽く引き、相手の体勢を崩したところで手首 …

合気道 稽古メモ(2018年10月20日)

前回の審査から19日目。 襟取り二教。 基本的には肩取りと同じように、取られた肩と反対の手で相手の手を二教の形で掴み、手首を返して押さえる。 手だけでは相手の手首が返らないときは、襟を取られた側の腕を …

合気道 稽古メモ(2018年10月24日)

前回の審査から20日目。 下級者同士の稽古を見ていて思ったこと。 距離が空きすぎ。 相手との間合いが広すぎるせいで余計な力がかかっている。 それもあって技が硬い。 両手取りの四方投げや天地投げ裏をしよ …

合気道 稽古メモ(2018年10月17日)

前回の審査から18日目。 杖の持ち方。 最初は杖を立てた状態で左手で持つ。 手の高さは自然体。 直突きのときはそのまま下の方を右手の方に上げてきて、右手はなるべく杖の端を持つ。 まずは自然体の両手の位 …

合気道稽古メモ(2018年11月2日)【突きの小手返し】

前回の審査から21日目。 突きの小手返し。 転換の要領で、相手の突きと同じ方の足を小さく前に出し、手で突きを制しながら身体を半回転させる。 いきなり掴もうとしない。 まずは制するだけ。 相手の肘あたり …